手書き文字のアンケートや伝票のデータ入力に

「手書き文字」OCRシステム

このシステムでは、手書きの文字をスキャナーでスキャンし、OCRで自動文字認識して、テキストに出力することができます。

数字、漢字、ひらがな、カタカナ、英文字、記号、バーコード、QRコードなども読み取ることができます。しかも多言語対応です。

活字だけでなく、手書きの文字を手軽にテキスト化することができ、その上、データベースに直接取り込むことができます。

エクセルファイル、CSVデータ、プレーンテキスト、などに変換して出力することもできます。

PFU ScanSnap iX1500

PFU ScanSnap iX1500は最新のスキャナーです。高速に読み取り、表面、裏面の両面スキャンができます。USB接続、Wi-Fi接続に対応しており、読み取った画像をクラウドに保存することもできます。OCRシステムからはボタン一つでスキャンを開始できます。

​アンケートも自由に設計できます

​サンプルのようなアンケート用紙を作成し、どこをOCRで読ませるかを帳票設定で定義できます。数字や文字だけでなく、バーコード、QRコードも読み込んで数字やテキストに変換できます。また、このフィールドには決められた値しか入らない、というような条件設定をすることもできます。

既に何らかの用紙があって、それに合わせて読み取りたいという場合にも、帳票設定で読み取る場所を定義できます。お手元にある、様々な形式の用紙を、そのままお使いいただけます。

OCR結果は元画像とテキストを併記

原稿からスキャンした結果は、テキストと画像で保存されます。一つ一つのフィールドをすぐに比較できるので、認識間違いを素早く修正することができます。

認識率が高く、ほとんど修正の必要はありませんが、訂正した文字などは誤認識されることもあります。その場合でも、修正は楽にできます。

YouTubeでの紹介動画
(FileMakerカンファレンス2017)